キレイナビ−ダイエット、スキンケア、メイクなど美容情報満載のWEBマガジン
詳細検索
 コスメ 
 サプリ・フード 
 ファッション 
 キレイ情報室 
スマホから書く
クリーム (3304)
化粧水 (3275)
美容液 (2844)
無料サンプル (2123)
シャンプー・リンス (1850)
パック (1721)
コスメキット・セット (1418)
ソープ洗顔料 (1265)
ジェル (1257)
ボディケア関連商品 (1239)
化粧下地 (1224)
ボディクリーム・ローション (1089)
洗顔料その他 (1022)
日焼け止め (857)
マスカラ (841)
トリートメント (841)
アイシャドウ (776)
リキッドファンデ (753)
洗顔フォーム (708)
パウダーファンデ (693)
ヘアケア関連商品 (679)
クレンジングその他 (637)
乳液 (584)
口紅 (552)
クレンジングジェル (511)
ハンドクリーム (507)
ボディーソープ (498)
リップグロス (475)
リキッドアイライナー (423)
入浴剤 (409)
クレンジングオイル (407)
フェイスパウダー (404)
ヘアスタイリング剤 (386)
香水 (357)
クリームファンデ (356)
オイル (350)
アイケア (340)
チーク (323)
リップ (323)
ネイルカラー (300)
リップケア (263)
制汗関連商品 (231)
マッサージ関連商品 (219)
パウダー洗顔料 (212)
ペンシルアイライナー (180)
クレンジングクリーム (174)
コンシーラー (168)
マスカラ下地 (156)
プレストパウダー (134)
マッサージ関連商品 (133)
健康系サプリメントその他 (1807)
フードその他 (1012)
ダイエット食品 (907)
コラーゲン (707)
ドリンクその他 (625)
ダイエット系サプリメントその他 (583)
健康茶 (570)
美肌系サプリメントその他 (528)
青汁 (334)
マルチビタミン (330)
栄養ドリンク (258)
サプリメントその他 (248)
プラセンタ  (182)
ミネラルウォーター(水) (155)
茶その他 (116)
野菜ジュース (116)
ウコン (109)
ビタミンC (103)
ヨーグルト (102)
米・玄米・発芽米 (101)
ヤマブシタケ (84)
シリアル (80)
アガリクス (73)
ハーブティー (66)
油・調味料 (65)
コーヒー (64)
乳酸菌 (61)
アミノ酸 (59)
プエラリア (57)
豆乳 (50)
その他 (815)
ワンピース (445)
スカート (234)
カットソー (225)
セーター・ニット (214)
カーディガン・アンサンブル (209)
ネックレス・ペンダント (206)
帽子 (180)
シャツ・ブラウス (173)
キャミソール・タンクトップ (159)
パンツ (154)
ジャケット・ブルゾン (148)
Tシャツ (147)
靴下 (137)
その他のバッグ (123)
ピアス・イヤリング (121)
ブーツ (118)
コート (117)
パンプス (111)
サンダル (95)
その他 (916)
ヘアケア (629)
ダイエット法 (598)
ダイエットレシピ (530)
ボディケア (445)
スキンケア (444)
ワタシの健康法 (341)
疲労回復 (190)
リラクゼーション (160)
メイクテク (52)
アンチエイジング (48)
デトックス (40)
ヨガ (31)
スポーツ (19)
ロコベースリペア クリーム
評価:★★★★★★★2020/11/8 (日) 5:22 
かずおいーめい (0) 44歳
【過去最高のハンドクリーム/デメリットの解決方法】 

2019年にベスコスを受賞したハンドクリームですが、
その前からずっとチェックしていました。

他人のシャンプーを一日に何度もすることで手荒れが職業病となっている美容師さん達の定番ハンドクリームだからです。

ハンドクリームは色々使ってきましたが、一番大切なことは
「水をはじくこと・撥水性」だという結論に至りました。
簡単にとれては意味がないから。

それに、水にふれるたび塗布し直すのも面倒だし、
塗り直し回数が増えるほどコスパもどんどん悪くなっていくからです。
もったいなくて量をケチって使うようになったら効果も激減、それこそ本末転倒ですし。

(TVの幾つかの番組では、複数の皮膚科医が「チューブから出して使う量は5センチ程度でないとダメ」と言っていました。メーカー推奨量より相当多い!)


撥水効果を謳っているハンドクリームは3ブランド使ってみました↓

●アトリックス/エクストラプロテクション 70g1160円〜
●DUO/ザ ハンドクリーム 45g2400円
●コレ 30g1700円〜

最もコスパのよいアトリックスは、悪くないけどコレより撥水性が劣ります。
そして、少し水っぽく濃厚さに欠けます。

クレンジングバームで有名なDUOは、撥水性の点では一番劣ります。
たとえ成分が良好でも、
撥水性が劣る分塗り直し回数が増えるため、コスパはかなり悪くなりました。

そんな中、ロコベースの撥水性はダントツ!

手の甲を石鹸でこすりさえしなければ、
徐々に効果は減っていくものの、1日近くハンドクリーム効果がもちます。

私は、お風呂から出てスキンケアをするのと同時に手のケアもする(ケア方法は後述)のですが、翌日のお風呂前まで少し残ってますね。
食器を洗っても、手のひらをハンドソープで洗っても、
手の甲を摩擦さえしなければ残ります。

(タオルで手をふく時も、こすらず水分をおさえるだけにすることがポイント◎)



■■■ デメリットは3秒で解決! ■■■

様々なクチコミサイトで、デメリットとして固さを挙げる方がよくおられます。

確かに固い。こんなに固いハンドクリームは見たことない。

甲に出して固いまま、両手の甲同士をこすりあわせるのは手のエイジングを進行させてしまうので絶対にNGです(甲の皮膚をひっぱりあい、小ジワやたるみの原因になってしまうから)
かといって、メーカーが推奨するように
毎回手のひらで温めて柔らかくしてからつけるのも面倒。

ということで、そのデメリットを一瞬で解決する方法を見つけたので、ご紹介します!

両手の甲同士をポンポン軽くたたきあわせます。
少しずつ位置をずらしながら。
すると、画像のようにあちこちにクリームがとびます。
こうすると1箇所あたりが少量になるので固さは全く気にならなくなり、
皮膚に負担をかけず簡単に広げることが可能に♪

ポンポンは3秒でできるので全然面倒じゃなし。

そのあとは、手のひらでクルクルとキメの間にすりこむようになでればOK。
反対回りにもクルクルできれば、
よりキメとキメの隙間にまんべんなく入り込むので尚◎です。



■■■ 手のエイジングケアのススメ ■■■

ベースメイクや顔のスキンケアを頑張る人は沢山いるのに、
手のスキンケアをおろそかにする人が多いのはとても不思議。
せっかく顔は若々しく見えるのに、
手を見ると「結構年齢いってるのかな」とバレてしまうことがよくあります。

本当にもったいないです!!!

顔と同じく、常に外に出ていて人に見られるパーツなのに……

私は顔の肌年齢も皆様の情報のおかげで何とかマイナス10才以上をキープできていますが、手もキレイと言ってもらえることが有り難いことにたまにあります( >_<。)

何をしているかというと……

「顔用オールインワンゲルを手に塗り込んでからハンドクリームでラッピング」

ハンドクリームの成分の殆どは油分。

ですので、
ハンドクリームをつけていても手の甲は圧倒的に水分量が不足しています。
だから、オールインワンゲルで水分とエイジングケア成分を補ったあとに、
ハンドクリームの油分でとじこめ蒸発を防いでいます。
撥水性の高いハンドクリームなら、より長い間キープできます。

だって、顔には水分や美容成分を補ってからクリームを塗布するのに、
同じ皮膚の手はクリームだけでいいなんて
そもそもヘンだと思いませんか?!


もちろん、
顔と同じく「ブースター→化粧水→美容液→クリーム」とケアできればベストでしょうが、
コストと時間がかかりすぎるため非現実的です。

オールインワンゲルは手にこそ使いましょう!

そして、撥水性のあるハンドクリームでフタをすれば、
保湿効果もエイジングケア効果も長持ちです(๑´ڡ`๑)



1945字。

少しでも参考になりましたら嬉しいです^^
このレビューは参考になりましたか?
ハンドクリーム | ロコベースリペア | 保湿 | 
コメント
 
プレゼントタイアップ申し込み | FAQ Copyright (C) 2021 Kirei-Navi Site All Rights Reserved. お問い合わせ | 運営会社
キレイナビ代表・美容家 飯塚美香のオフィシャルサイト