キレイナビ-ダイエット、スキンケア、メイクなど美容情報満載のWEBマガジン
キレイナビ  >  スキンケア

知っていましたか?シミ・シワ・紫外線対策に大切なのはビタミンA!

2017/07/29UP! by  タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,

こんにちは、エステティシャンの山口裕加里です。真夏の日焼け・紫外線対策、毎日どんなことをされていますか?ビタミンCを摂ることは、よく知られていますが、紫外線対策にお勧めの栄養がビタミンAです。皆さん、摂られていますか?今日は、そんなビタミンAと紫外線についてご紹介します。

ビタミンAの働き

skin1

 

ビタミンAは、皮膚や髪、歯茎の健康を保つ働きがあります。ビタミンAがあることで、肌のハリや潤い、弾力などを出してくれます。ビタミンAが不足してしまうと、肌のハリがでなかったり、キメが乱れだり、疲れ切ったお肌になってしまいます。また、ビタミンAは抗酸化作用もあるので、お肌の酸化から守ってくれます。

 

そして、『ビタミンC』や『ビタミンD』、『ビタミンE』、『カルシウム』『亜鉛』の栄養を活かしたいときも、ビタミンAが必要です。彼らは、ビタミンAがないと効果を発揮できません。メラニンの生成抑制にビタミンCを摂られている方がいると思いますが、ビタミンAがあってこそ、その効果は活かされますよ。

 

 

ビタミンAが失われるとき

skin2

 

ビタミンAは、紫外線を浴びることで失われていく成分です。生まれたときの赤ちゃんのお肌には、ビタミンAがたっぷり。ですが、太陽を浴び始めて、ビタミンAは減り始めていきます。紫外線は年々強くなっていますので、ビタミンAが減ってしまいやすい環境へ、どんどん進んでいます。ビタミンAは食事から、また化粧品からの内と外で補うことが大切です。

 

 

ビタミンAを多く含む食べ物

skin3

 

ビタミンAは、動物性食品に含まれるレチノールという脂溶性ビタミンのことです。植物性食品からだと、緑黄色野菜を摂ると、βカロテンという栄養が摂れます。それが腸で吸収されて、レチノールに変わるので、緑黄色野菜を摂るとビタミンAを摂ることができます。食材名でいうと、牛、豚、鶏の肝臓やウナギ、野菜だと、バジルやパセリ、紫蘇も多いことが報告されています。

 

 

ビタミンAの注意点

月経のときは、ビタミンAの血中濃度が下がりやすい時です。そのときに、アウトドアや日に当たる時間が多いときは、要注意です。日頃から、ビタミンAを補っておくことで、その時のダメージから回復するスピードが変わってきます。

 

ビタミンAが無ければ、お肌が凄く危険にさらされる気がしますが、だからといって、たくさん摂ることは避けてください。ビタミンAの過剰摂取は、疲労感や吐き気、下痢、食欲不振、睡眠障害などをもたらします。また、妊娠中は、胎児の奇形の要因ともなるので、とっても注意が必要です。

 

まとめ

ビタミンAをあまり意識されたことがなかった方は、是非ビタミンAも1週間の栄養バランスをみて、不足気味だと感じたら摂ってみてください。

 

山口 裕加里

山口 裕加里
・日本臨床栄養協会認定 NRサプリメントアドバイザー
・日本ダイエット健康協会認定インストラクター
・日本エステティック協会認定エステティシャン

サプリメントメーカー株式会社アヴ・オヴォ
開発・企画担当。主に医療機関にサプリメントを提供しており サプリメントアドバイザーとして予防医療に役立つ栄養の情報配信を行っている。 また、ダイエットインストラクターとしてアスリートには正しい体重管理を、エステティシャンには、
健康であるからこそ、美しさがあることを伝えている。 週末には、自身のエステティシャン経験からプライベートサロンを開き、 一人一人にあったマッサージとカウセリングを行っている。全国エステティックグランプリでは、
優秀サロン賞に選ばれるなどエステティシャンとして評価を得ている。

洗顔時に熱いお湯やブラシを使う 肌の乾燥を招く1番の原因と言えるのが洗顔です。スキンケアにおいて、汚れや不要な角質を取り除くのは大切なこと。しかし、肌にある皮脂には、潤いのもとになり、刺激や乾燥から肌を守る役割があります。取り除き過ぎると、肌は乾燥して外部からの刺激を受けやすくなってしまいます。寒くなってきたからといって、洗顔時に熱いお湯を使うのはNG!また、洗顔ブラシや洗顔タオルなどを使った洗顔は、肌を傷つけ、乾燥させる恐れがあるのでおすすめできません。特に肌が敏感な方は注意しましょう。洗顔料の泡を肌の上で滑らせるようにし、指が直接肌に当たらないくらいの優しさで洗うようにしましょう。 化粧水をコットンでパッティングする 化粧水はコットンよりも手でなじませるのがおすすめ。なぜなら、コットンによる摩擦は肌の刺激になり、乾燥を招く恐れがあるから。コットンに化粧水を取ると、充分な量が肌に浸透しないことも多いです。特に高価な化粧水をちょっとだけコットンに付けてパッティングするのは、効果が半減してしまうのでやめましょう。コットンを使いたい場合は、パッティングするのではなく、化粧水を滴り落ちるくらいたっぷりとコットンに浸透させ、肌に乗せるようにするとよいでしょう。あらかじめ精製水をコットンに浸透させてから、化粧水を浸透させるのもおすすめです。 顔中全て同じケアをしている 顔には皮脂分泌が多い部分と、少ない部分があります。鼻周りや額は比較的皮脂分泌が多いTゾーン。逆に目の周り、口の周りは皮脂分泌がほとんどなく、乾燥しがちなOゾーンです。頬から顎にかけてのUゾーンは人によって乾燥しがちだったり、べたつく場合もあると思います。顔の部分によって肌の状態は様々。それなのに顔中全て同じケアでいいわけないですよね。特に乾燥しがちなOゾーンはクリームを重ねたり、アイクリームで保湿を重点的に行うようにしましょう。 シートマスクを長時間付けている 手軽に保湿できるアイテムとして様々なシートマスクが発売されています。朝晩使っている方もいらっしゃると思いますが、シートマスクは使い方を間違えると逆に肌を乾燥させてしまうことに。長時間付けていればそれだけ肌が潤うというわけではありません。シートマスクが乾くほど長時間付けていたら、それは肌の水分が逆にシートマスクに取られてしまう危険が。シートマスクに書かれている時間よりも、少なめの時間でOKです。また、シートマスクを付けた上からラップを重ねたり、お風呂の中でシートマスクを付けるとより肌がしっとり潤います。 最後に よかれと思って行っているスキンケアが、逆に肌を乾燥させることになるなんて…。絶対に避けたいですよね!正しいスキンケアで、乾燥に負けないしっとり美肌を手に入れましょう!
それが肌を乾燥させている!やってはいけないNGスキンケア
by 飯塚 美香   2018.10.16
美白したいなら!カラフルな野菜と果物を食べて活性酸素を除去すべし!
秋も美白!カラフルな野菜と果物を食べて活性酸素を撃退!
by キレイナビ編集部   2018.10.07
脱・老け顔!疲れ顔!ほうれい線を予防する4つの方法
脱・老け顔!疲れ顔!ほうれい線を予防する4つの方法
by 飯塚 美香   2018.09.19
小顔を引き寄せるマインドとは?小顔エクササイズで効果を出す方法
小顔を引き寄せるマインドとは?小顔エクササイズで効果を出す方法
by 仲里あやね   2018.09.07
美肌を維持する最重要項目!紫外線ダメージを効率的にケアするアイテムとは?
美肌を維持する最重要項目!紫外線ダメージを効率的にケアする2つのアイテム
by 飯塚 美香   2018.08.31
いちご鼻
間違ったケアしていませんか?「いちご鼻」になってしまう4つのNG
by キレイナビ編集部   2018.08.29
秋になっても油断は禁物!「うっかり焼け」の対処法とは?
秋になっても油断は禁物!「うっかり焼け」の対処法とは?
by 本橋あやは   2018.08.28
d23355e37b039b091120d68a4e81f49d_s
日焼けはお肌だけじゃない!夏は目焼けに要注意!目のUVケアをはじめよう!
by 大庭千広   2018.08.06
顔中同じじゃNG!皮脂が多い部分と少ない部分のスキンケア方法
顔中同じじゃNG!皮脂が多い部分と少ない部分のスキンケア方法
by 飯塚 美香   2018.07.29
脱おばさん顔!口回りを集中的に筋トレする法令線撃退エクササイズ
脱おばさん顔!口回りを集中的に筋トレして法令線を撃退しよう!
by 仲里あやね   2018.07.26
あなたの敏感肌もしかすると自称敏感肌かも!?
あなたの敏感肌もしかすると自称敏感肌かも!?
by 由香利   2018.07.21
どこまでやるのがベスト?スキンケアの『丁度良い』を判断する方法
どこまでやるのがベスト?スキンケアの『丁度良い』を判断する方法
by キレイナビ編集部   2018.07.14
痩せている方でも要注意!隠れ2重顎を予防しよう!
痩せている方でも要注意!隠れ2重顎を予防しよう!
by 仲里あやね   2018.07.05
汗ばむ季節のテカリ解消!お肌をさらさらに保つケア方法とは?
汗ばむ季節のテカリ解消!お肌をさらさらに保つケア方法とは?
by キレイナビ編集部   2018.07.03
意外に乾燥する季節だからこそ!シワを予防する夏のオイル美容法
意外に乾燥する季節だからこそ!シワを予防する夏のオイル美容法
by 飯塚 美香   2018.06.27
どの指が正解?美容指で美肌を手に入れるスキンケア法
手の平だけじゃない!美容指を意識したスキンケア方法
by キレイナビ編集部   2018.06.21
梅雨の今がチャンス!スキンケアの見直しをしてみませんか?
梅雨の今がチャンス!スキンケアの見直しをしてみませんか?
by 中所ひろか   2018.06.15
keana_1
ケアをちょっぴり変えるだけ!夏の毛穴・テカり・メイクくずれの防止法
by 葉山 ともみ   2018.06.13
教えて!お金をかけた方が良いコスメと、かけなくても良いコスメ!アンケート結果発表
教えて!お金をかけた方が良いコスメと、かけなくても良いコスメ!アンケート結果発表
by キレイナビ編集部   2018.06.06
肌を傷つけない方法
ゆらぎ・敏感肌にならないために!肌を傷つけないスキンケアのコツ
by キレイナビ編集部   2018.06.01
洗顔時に熱いお湯やブラシを使う 肌の乾燥を招く1番の原因と言えるのが洗顔です。スキンケアにおいて、汚れや不要な角質を取り除くのは大切なこと。しかし、肌にある皮脂には、潤いのもとになり、刺激や乾燥から肌を守る役割があります。取り除き過ぎると、肌は乾燥して外部からの刺激を受けやすくなってしまいます。寒くなってきたからといって、洗顔時に熱いお湯を使うのはNG!また、洗顔ブラシや洗顔タオルなどを使った洗顔は、肌を傷つけ、乾燥させる恐れがあるのでおすすめできません。特に肌が敏感な方は注意しましょう。洗顔料の泡を肌の上で滑らせるようにし、指が直接肌に当たらないくらいの優しさで洗うようにしましょう。 化粧水をコットンでパッティングする 化粧水はコットンよりも手でなじませるのがおすすめ。なぜなら、コットンによる摩擦は肌の刺激になり、乾燥を招く恐れがあるから。コットンに化粧水を取ると、充分な量が肌に浸透しないことも多いです。特に高価な化粧水をちょっとだけコットンに付けてパッティングするのは、効果が半減してしまうのでやめましょう。コットンを使いたい場合は、パッティングするのではなく、化粧水を滴り落ちるくらいたっぷりとコットンに浸透させ、肌に乗せるようにするとよいでしょう。あらかじめ精製水をコットンに浸透させてから、化粧水を浸透させるのもおすすめです。 顔中全て同じケアをしている 顔には皮脂分泌が多い部分と、少ない部分があります。鼻周りや額は比較的皮脂分泌が多いTゾーン。逆に目の周り、口の周りは皮脂分泌がほとんどなく、乾燥しがちなOゾーンです。頬から顎にかけてのUゾーンは人によって乾燥しがちだったり、べたつく場合もあると思います。顔の部分によって肌の状態は様々。それなのに顔中全て同じケアでいいわけないですよね。特に乾燥しがちなOゾーンはクリームを重ねたり、アイクリームで保湿を重点的に行うようにしましょう。 シートマスクを長時間付けている 手軽に保湿できるアイテムとして様々なシートマスクが発売されています。朝晩使っている方もいらっしゃると思いますが、シートマスクは使い方を間違えると逆に肌を乾燥させてしまうことに。長時間付けていればそれだけ肌が潤うというわけではありません。シートマスクが乾くほど長時間付けていたら、それは肌の水分が逆にシートマスクに取られてしまう危険が。シートマスクに書かれている時間よりも、少なめの時間でOKです。また、シートマスクを付けた上からラップを重ねたり、お風呂の中でシートマスクを付けるとより肌がしっとり潤います。 最後に よかれと思って行っているスキンケアが、逆に肌を乾燥させることになるなんて…。絶対に避けたいですよね!正しいスキンケアで、乾燥に負けないしっとり美肌を手に入れましょう!
それが肌を乾燥させている!やってはいけないNGスキンケア
by 飯塚 美香   2018.10.16
お菓子なコスメ?!リアルな香りや見た目が楽しめる「スイーツコスメ」あれこれ
お菓子なコスメ?!リアルな香りや見た目が楽しめる「スイーツコスメ」
by 本橋あやは   2018.04.18
『塗るボトックス』って何?本当にシワに効果があるの?
『塗るボトックス』って何?本当にシワに効果があるの?
by 飯塚 美香   2016.12.25
skincare3
朝の洗顔、「水だけ洗顔」がいいってウソ?ホント?
by 山口 裕加里   2018.02.10
見つけたら即買い!ダイソー100円美容液HM&RJローション
見つけたら即買い!ダイソー100円美容液HM&RJローション
by キレイナビ編集部   2016.08.07
食べ過ぎた翌朝のむくみ顔をは小顔エクササイズでリセット!【ウォーミングUP編】
食べ過ぎた翌朝のむくみ顔は小顔エクササイズでリセット!【基礎編】
by 仲里あやね   2017.12.20
たるみの原因!?化粧品の「使いすぎ」にご注意
実はたるみの原因!?化粧品の「使いすぎ」にご注意
by キレイナビ編集部   2017.05.08
老化を防ぐ注目の美容成分!奇跡の因子『フルボ酸』の効果とは?
老化を防ぐ注目の美容成分!奇跡の因子『フルボ酸』の効果とは?
by 飯塚 美香   2016.08.18
教えて!お金をかけた方が良いコスメと、かけなくても良いコスメ!アンケート結果発表
教えて!お金をかけた方が良いコスメと、かけなくても良いコスメ!アンケート結果発表
by キレイナビ編集部   2018.06.06
プロ仕様の最新型美容パック!ネオベーシックHAフィルマイクロパッチ
プロ仕様の最新型美容パック!ネオベーシックHAフィルマイクロパッチ
by 涼木 みゆり   2017.05.30
手持ちのコスメを秋っぽく変化させるプチプラニュアンスチェンジアイテム
手持ちのコスメを秋っぽく変化させるプチプラニュアンスチェンジアイテム
by 本橋あやは
o1007065214274269602
理想は若作りではなく若見えメイク!NGポイントと4つのコツ
by 山田麻衣子
女性専用パーソナルトレーニング!銀座BMSで2ヶ月間ダイエットに挑戦!【BEFORE編】
女性専用パーソナルトレーニング!銀座BMSで2ヶ月間ダイエットに挑戦!【BEFORE編】
by 飯塚 美香
さっぱりミントが救世主!もうミントが手放せない夏!
さっぱりミントが救世主!もうミントが手放せない夏!
by 仲里あやね
【11/18(土)@日本橋】お仕事紹介サポート付き!WEBライター養成講座参加者募集!
【10/20(土)@日本橋】お仕事紹介サポート付き!第5回WEBライター養成講座参加者募集!
by キレイナビ編集部
100円でこんなにかわいい!夏のアクセサリーをプチプラで楽しむ!
【プレゼント付き!】100円でこんなにかわいい!夏のアクセサリーをプチプラで楽しむ!
by 飯塚 美香
夏を爽やかに潤わせる。奇跡のお茶、ルイボスティー。
夏を爽やかに潤わせる!奇跡のお茶ルイボスティーの美容効果
by 糸魚川理王
手軽に糖質カット!ダイエットにも役に立つ家電&キッチングッズをご紹介
手軽に糖質カット!ダイエットにも役に立つ家電&キッチングッズをご紹介
by 本橋あやは
d6e028df-6754-4385-ac4a-c25766790589
AYAのプチプラMIXコーデ術vol.18 デニムに合わせるワンピでスタイルアップ
by AYA
毎日のご機嫌顔をキープするために!大切にしたい5つの心がけ
毎日のご機嫌顔をキープするために!大切にしたい5つの心がけ
by 仲里あやね
10/11~10/18  
ごはん、パン、パスタ、うどん・・・一番太りにくい炭水化物って?
ごはん、パン、パスタ、うどん・・・一番太りにくい炭水化物って?
by 飯塚 美香
【11/18(土)@日本橋】お仕事紹介サポート付き!WEBライター養成講座参加者募集!
【10/20(土)@日本橋】お仕事紹介サポート付き!第5回WEBライター養成講座参加者募集!
by キレイナビ編集部
パンvsご飯!パンが太りやすい理由と太りにくい食べ方
パンvsご飯!パンが太りやすい理由と太りにくい食べ方
by 飯塚 美香
『じゃがりこ』で本当に美味しいポテトサラダが作れるのか!?
『じゃがりこ』で本当に美味しいポテトサラダが作れるのか!?
by キレイナビ編集部
付ける派9割!みんなどんなスマホケース使ってるの?アンケート結果発表!
付ける派9割!みんなどんなスマホケース使ってるの?アンケート結果発表!
by キレイナビ編集部
洗顔時に熱いお湯やブラシを使う 肌の乾燥を招く1番の原因と言えるのが洗顔です。スキンケアにおいて、汚れや不要な角質を取り除くのは大切なこと。しかし、肌にある皮脂には、潤いのもとになり、刺激や乾燥から肌を守る役割があります。取り除き過ぎると、肌は乾燥して外部からの刺激を受けやすくなってしまいます。寒くなってきたからといって、洗顔時に熱いお湯を使うのはNG!また、洗顔ブラシや洗顔タオルなどを使った洗顔は、肌を傷つけ、乾燥させる恐れがあるのでおすすめできません。特に肌が敏感な方は注意しましょう。洗顔料の泡を肌の上で滑らせるようにし、指が直接肌に当たらないくらいの優しさで洗うようにしましょう。 化粧水をコットンでパッティングする 化粧水はコットンよりも手でなじませるのがおすすめ。なぜなら、コットンによる摩擦は肌の刺激になり、乾燥を招く恐れがあるから。コットンに化粧水を取ると、充分な量が肌に浸透しないことも多いです。特に高価な化粧水をちょっとだけコットンに付けてパッティングするのは、効果が半減してしまうのでやめましょう。コットンを使いたい場合は、パッティングするのではなく、化粧水を滴り落ちるくらいたっぷりとコットンに浸透させ、肌に乗せるようにするとよいでしょう。あらかじめ精製水をコットンに浸透させてから、化粧水を浸透させるのもおすすめです。 顔中全て同じケアをしている 顔には皮脂分泌が多い部分と、少ない部分があります。鼻周りや額は比較的皮脂分泌が多いTゾーン。逆に目の周り、口の周りは皮脂分泌がほとんどなく、乾燥しがちなOゾーンです。頬から顎にかけてのUゾーンは人によって乾燥しがちだったり、べたつく場合もあると思います。顔の部分によって肌の状態は様々。それなのに顔中全て同じケアでいいわけないですよね。特に乾燥しがちなOゾーンはクリームを重ねたり、アイクリームで保湿を重点的に行うようにしましょう。 シートマスクを長時間付けている 手軽に保湿できるアイテムとして様々なシートマスクが発売されています。朝晩使っている方もいらっしゃると思いますが、シートマスクは使い方を間違えると逆に肌を乾燥させてしまうことに。長時間付けていればそれだけ肌が潤うというわけではありません。シートマスクが乾くほど長時間付けていたら、それは肌の水分が逆にシートマスクに取られてしまう危険が。シートマスクに書かれている時間よりも、少なめの時間でOKです。また、シートマスクを付けた上からラップを重ねたり、お風呂の中でシートマスクを付けるとより肌がしっとり潤います。 最後に よかれと思って行っているスキンケアが、逆に肌を乾燥させることになるなんて…。絶対に避けたいですよね!正しいスキンケアで、乾燥に負けないしっとり美肌を手に入れましょう!
それが肌を乾燥させている!やってはいけないNGスキンケア
by 飯塚 美香
ひじ・ひざ・かかとのケアしていますか?黒ずみ解消でツル肌ボディへ!
ひじ・ひざ・かかとのケアしていますか?黒ずみ解消でツル肌ボディへ!
by キレイナビ編集部
空腹がキレイと健康を作る!「お腹がすいた!」を楽しもう!
空腹がキレイと健康を作る!「お腹がすいた!」を楽しもう!
by 飯塚 美香
小麦を食べるとなぜ太る?グルテンフリーダイエットのやり方と効果
小麦を食べるとなぜ太る?グルテンフリーダイエットのやり方と効果
by 飯塚 美香
巻き肩解消に!背中合掌ポーズで脂肪が燃える体へ
巻き肩解消に!背中合掌ポーズで脂肪が燃える体へ
by 飯塚 美香
Copyright (C) 2018 Kirei-Navi Site All Rights Reserved.