キレイナビ-ダイエット、スキンケア、メイクなど美容情報満載のWEBマガジン 現在キレイナビの会員ページが一部のサーバー障害によりご利用出来ません。
復旧まで暫くお待ちください。尚、こちらの記事ページはご利用可能です。
キレイナビ  >  スキンケア

今でしょ!紫外線に負けないお肌作り【目からの紫外線対策編】

2018/03/20UP! by  タグ: , , , , , , , ,

こんにちは、エステティシャンの山口裕加里です。まだ寒さが残りますが、暑い季節に向けて紫外線のボリュームが上がり始めています。今日は、紫外線に負けないお肌作りのサングラス編です。え?サングラス?そう、サングラスです。シミ・シワから守るにはお肌をケアするだけではないんです。サングラスがどうして紫外線対策に必要なのでしょうか。

skin13

 

メラニンについておさらい

お肌のシミ・シワの素になるものがメラニン色素です。紫外線をお肌に浴びると、お肌は紫外線によるダメージの防御反応でメラニン色素を作り出します。メラニン色素があることで、お肌の奥に紫外線を通さないようにしたり、皮膚がんにならないようにお肌を守ってくれます。メラニン色素は、お肌の護衛隊なのです。しかし、年齢と共に肌のターンオーバーが乱れ、肌に潜んでいるメラニン色素は変化し、シミとなってしまうんです。肌のターンオーバーを整えましょうと言いますが、メラニン色素がシミにならないようにするための重要なポイントの1つなんですよ。

skin12

 

目からの紫外線でメラニンの形成が…

skin15

 

お肌を紫外線対策でブロックしてる、お肌のターンオーバーを意識してる、それだけでは紫外線対策は十分ではありません。実は、目から入る紫外線もシミの形成に繋がります。目から紫外線が入ると、脳が「紫外線から守らなければ!」と反応し、体がメラニン色素を合成し始めるんです。いくらお肌をケアしていても、目が守れていなければ、シミの素になるメラニン色素はどんどん形成されてしまうんです。目を守るための方法には、サングラスがお薦めです。

 

 

紫外線対策のサングラスには

skin14

 

サングラスにも、色んな種類があります。そこで選んで頂きたいポイントは3つです。


1つは、「UVカット率99%」の表記があることです。


2つは、透過率が低いものを選ぶことです。UVカット率の表記だけみて、透過率を見ていない方が多くいらっしゃいます。是非透過率も確認ください。


3つは、サングラスを買い替えることです。サングラスは消耗品です。購入時は、UVカット率や透過率が基準にあっていたとしても、衰えてきます。紫外線対策のために使用するサングラスは、シーズンごとに買い替えることがお薦めです。

 

 

 

まとめ

紫外線を浴びている感覚はあまりない分、ケアを怠る方がたくさんいらっしゃいます。紫外線によるシミは、数年後、十年後に浮かび出てきます。シミによってお顔の印象は変わります。まだ暑くないし・・・と甘くみないで今から紫外線対策始めま

 

山口 裕加里

山口 裕加里
・日本臨床栄養協会認定 NRサプリメントアドバイザー
・日本ダイエット健康協会認定インストラクター
・日本エステティック協会認定エステティシャン

サプリメントメーカー株式会社アヴ・オヴォ
開発・企画担当。主に医療機関にサプリメントを提供しており サプリメントアドバイザーとして予防医療に役立つ栄養の情報配信を行っている。 また、ダイエットインストラクターとしてアスリートには正しい体重管理を、エステティシャンには、
健康であるからこそ、美しさがあることを伝えている。 週末には、自身のエステティシャン経験からプライベートサロンを開き、 一人一人にあったマッサージとカウセリングを行っている。全国エステティックグランプリでは、
優秀サロン賞に選ばれるなどエステティシャンとして評価を得ている。

洗顔時に熱いお湯やブラシを使う 肌の乾燥を招く1番の原因と言えるのが洗顔です。スキンケアにおいて、汚れや不要な角質を取り除くのは大切なこと。しかし、肌にある皮脂には、潤いのもとになり、刺激や乾燥から肌を守る役割があります。取り除き過ぎると、肌は乾燥して外部からの刺激を受けやすくなってしまいます。寒くなってきたからといって、洗顔時に熱いお湯を使うのはNG!また、洗顔ブラシや洗顔タオルなどを使った洗顔は、肌を傷つけ、乾燥させる恐れがあるのでおすすめできません。特に肌が敏感な方は注意しましょう。洗顔料の泡を肌の上で滑らせるようにし、指が直接肌に当たらないくらいの優しさで洗うようにしましょう。 化粧水をコットンでパッティングする 化粧水はコットンよりも手でなじませるのがおすすめ。なぜなら、コットンによる摩擦は肌の刺激になり、乾燥を招く恐れがあるから。コットンに化粧水を取ると、充分な量が肌に浸透しないことも多いです。特に高価な化粧水をちょっとだけコットンに付けてパッティングするのは、効果が半減してしまうのでやめましょう。コットンを使いたい場合は、パッティングするのではなく、化粧水を滴り落ちるくらいたっぷりとコットンに浸透させ、肌に乗せるようにするとよいでしょう。あらかじめ精製水をコットンに浸透させてから、化粧水を浸透させるのもおすすめです。 顔中全て同じケアをしている 顔には皮脂分泌が多い部分と、少ない部分があります。鼻周りや額は比較的皮脂分泌が多いTゾーン。逆に目の周り、口の周りは皮脂分泌がほとんどなく、乾燥しがちなOゾーンです。頬から顎にかけてのUゾーンは人によって乾燥しがちだったり、べたつく場合もあると思います。顔の部分によって肌の状態は様々。それなのに顔中全て同じケアでいいわけないですよね。特に乾燥しがちなOゾーンはクリームを重ねたり、アイクリームで保湿を重点的に行うようにしましょう。 シートマスクを長時間付けている 手軽に保湿できるアイテムとして様々なシートマスクが発売されています。朝晩使っている方もいらっしゃると思いますが、シートマスクは使い方を間違えると逆に肌を乾燥させてしまうことに。長時間付けていればそれだけ肌が潤うというわけではありません。シートマスクが乾くほど長時間付けていたら、それは肌の水分が逆にシートマスクに取られてしまう危険が。シートマスクに書かれている時間よりも、少なめの時間でOKです。また、シートマスクを付けた上からラップを重ねたり、お風呂の中でシートマスクを付けるとより肌がしっとり潤います。 最後に よかれと思って行っているスキンケアが、逆に肌を乾燥させることになるなんて…。絶対に避けたいですよね!正しいスキンケアで、乾燥に負けないしっとり美肌を手に入れましょう!
それが肌を乾燥させている!やってはいけないNGスキンケア
by 飯塚 美香   2018.10.16
美白したいなら!カラフルな野菜と果物を食べて活性酸素を除去すべし!
秋も美白!カラフルな野菜と果物を食べて活性酸素を撃退!
by キレイナビ編集部   2018.10.07
脱・老け顔!疲れ顔!ほうれい線を予防する4つの方法
脱・老け顔!疲れ顔!ほうれい線を予防する4つの方法
by 飯塚 美香   2018.09.19
小顔を引き寄せるマインドとは?小顔エクササイズで効果を出す方法
小顔を引き寄せるマインドとは?小顔エクササイズで効果を出す方法
by 仲里あやね   2018.09.07
美肌を維持する最重要項目!紫外線ダメージを効率的にケアするアイテムとは?
美肌を維持する最重要項目!紫外線ダメージを効率的にケアする2つのアイテム
by 飯塚 美香   2018.08.31
いちご鼻
間違ったケアしていませんか?「いちご鼻」になってしまう4つのNG
by キレイナビ編集部   2018.08.29
秋になっても油断は禁物!「うっかり焼け」の対処法とは?
秋になっても油断は禁物!「うっかり焼け」の対処法とは?
by 本橋あやは   2018.08.28
d23355e37b039b091120d68a4e81f49d_s
日焼けはお肌だけじゃない!夏は目焼けに要注意!目のUVケアをはじめよう!
by 大庭千広   2018.08.06
顔中同じじゃNG!皮脂が多い部分と少ない部分のスキンケア方法
顔中同じじゃNG!皮脂が多い部分と少ない部分のスキンケア方法
by 飯塚 美香   2018.07.29
脱おばさん顔!口回りを集中的に筋トレする法令線撃退エクササイズ
脱おばさん顔!口回りを集中的に筋トレして法令線を撃退しよう!
by 仲里あやね   2018.07.26
あなたの敏感肌もしかすると自称敏感肌かも!?
あなたの敏感肌もしかすると自称敏感肌かも!?
by 由香利   2018.07.21
どこまでやるのがベスト?スキンケアの『丁度良い』を判断する方法
どこまでやるのがベスト?スキンケアの『丁度良い』を判断する方法
by キレイナビ編集部   2018.07.14
痩せている方でも要注意!隠れ2重顎を予防しよう!
痩せている方でも要注意!隠れ2重顎を予防しよう!
by 仲里あやね   2018.07.05
汗ばむ季節のテカリ解消!お肌をさらさらに保つケア方法とは?
汗ばむ季節のテカリ解消!お肌をさらさらに保つケア方法とは?
by キレイナビ編集部   2018.07.03
意外に乾燥する季節だからこそ!シワを予防する夏のオイル美容法
意外に乾燥する季節だからこそ!シワを予防する夏のオイル美容法
by 飯塚 美香   2018.06.27
どの指が正解?美容指で美肌を手に入れるスキンケア法
手の平だけじゃない!美容指を意識したスキンケア方法
by キレイナビ編集部   2018.06.21
梅雨の今がチャンス!スキンケアの見直しをしてみませんか?
梅雨の今がチャンス!スキンケアの見直しをしてみませんか?
by 中所ひろか   2018.06.15
keana_1
ケアをちょっぴり変えるだけ!夏の毛穴・テカり・メイクくずれの防止法
by 葉山 ともみ   2018.06.13
教えて!お金をかけた方が良いコスメと、かけなくても良いコスメ!アンケート結果発表
教えて!お金をかけた方が良いコスメと、かけなくても良いコスメ!アンケート結果発表
by キレイナビ編集部   2018.06.06
肌を傷つけない方法
ゆらぎ・敏感肌にならないために!肌を傷つけないスキンケアのコツ
by キレイナビ編集部   2018.06.01
洗顔時に熱いお湯やブラシを使う 肌の乾燥を招く1番の原因と言えるのが洗顔です。スキンケアにおいて、汚れや不要な角質を取り除くのは大切なこと。しかし、肌にある皮脂には、潤いのもとになり、刺激や乾燥から肌を守る役割があります。取り除き過ぎると、肌は乾燥して外部からの刺激を受けやすくなってしまいます。寒くなってきたからといって、洗顔時に熱いお湯を使うのはNG!また、洗顔ブラシや洗顔タオルなどを使った洗顔は、肌を傷つけ、乾燥させる恐れがあるのでおすすめできません。特に肌が敏感な方は注意しましょう。洗顔料の泡を肌の上で滑らせるようにし、指が直接肌に当たらないくらいの優しさで洗うようにしましょう。 化粧水をコットンでパッティングする 化粧水はコットンよりも手でなじませるのがおすすめ。なぜなら、コットンによる摩擦は肌の刺激になり、乾燥を招く恐れがあるから。コットンに化粧水を取ると、充分な量が肌に浸透しないことも多いです。特に高価な化粧水をちょっとだけコットンに付けてパッティングするのは、効果が半減してしまうのでやめましょう。コットンを使いたい場合は、パッティングするのではなく、化粧水を滴り落ちるくらいたっぷりとコットンに浸透させ、肌に乗せるようにするとよいでしょう。あらかじめ精製水をコットンに浸透させてから、化粧水を浸透させるのもおすすめです。 顔中全て同じケアをしている 顔には皮脂分泌が多い部分と、少ない部分があります。鼻周りや額は比較的皮脂分泌が多いTゾーン。逆に目の周り、口の周りは皮脂分泌がほとんどなく、乾燥しがちなOゾーンです。頬から顎にかけてのUゾーンは人によって乾燥しがちだったり、べたつく場合もあると思います。顔の部分によって肌の状態は様々。それなのに顔中全て同じケアでいいわけないですよね。特に乾燥しがちなOゾーンはクリームを重ねたり、アイクリームで保湿を重点的に行うようにしましょう。 シートマスクを長時間付けている 手軽に保湿できるアイテムとして様々なシートマスクが発売されています。朝晩使っている方もいらっしゃると思いますが、シートマスクは使い方を間違えると逆に肌を乾燥させてしまうことに。長時間付けていればそれだけ肌が潤うというわけではありません。シートマスクが乾くほど長時間付けていたら、それは肌の水分が逆にシートマスクに取られてしまう危険が。シートマスクに書かれている時間よりも、少なめの時間でOKです。また、シートマスクを付けた上からラップを重ねたり、お風呂の中でシートマスクを付けるとより肌がしっとり潤います。 最後に よかれと思って行っているスキンケアが、逆に肌を乾燥させることになるなんて…。絶対に避けたいですよね!正しいスキンケアで、乾燥に負けないしっとり美肌を手に入れましょう!
それが肌を乾燥させている!やってはいけないNGスキンケア
by 飯塚 美香   2018.10.16
お菓子なコスメ?!リアルな香りや見た目が楽しめる「スイーツコスメ」あれこれ
お菓子なコスメ?!リアルな香りや見た目が楽しめる「スイーツコスメ」
by 本橋あやは   2018.04.18
『塗るボトックス』って何?本当にシワに効果があるの?
『塗るボトックス』って何?本当にシワに効果があるの?
by 飯塚 美香   2016.12.25
skincare3
朝の洗顔、「水だけ洗顔」がいいってウソ?ホント?
by 山口 裕加里   2018.02.10
見つけたら即買い!ダイソー100円美容液HM&RJローション
見つけたら即買い!ダイソー100円美容液HM&RJローション
by キレイナビ編集部   2016.08.07
食べ過ぎた翌朝のむくみ顔をは小顔エクササイズでリセット!【ウォーミングUP編】
食べ過ぎた翌朝のむくみ顔は小顔エクササイズでリセット!【基礎編】
by 仲里あやね   2017.12.20
教えて!お金をかけた方が良いコスメと、かけなくても良いコスメ!アンケート結果発表
教えて!お金をかけた方が良いコスメと、かけなくても良いコスメ!アンケート結果発表
by キレイナビ編集部   2018.06.06
たるみの原因!?化粧品の「使いすぎ」にご注意
実はたるみの原因!?化粧品の「使いすぎ」にご注意
by キレイナビ編集部   2017.05.08
老化を防ぐ注目の美容成分!奇跡の因子『フルボ酸』の効果とは?
老化を防ぐ注目の美容成分!奇跡の因子『フルボ酸』の効果とは?
by 飯塚 美香   2016.08.18
再生医療技術を美容へ!常識を覆す新時代の美容方法に注目!
再生医療技術を美容へ!常識を覆す新時代の美容方法に注目!
by 飯塚 美香   2017.04.24
手持ちのコスメを秋っぽく変化させるプチプラニュアンスチェンジアイテム
手持ちのコスメを秋っぽく変化させるプチプラニュアンスチェンジアイテム
by 本橋あやは
o1007065214274269602
理想は若作りではなく若見えメイク!NGポイントと4つのコツ
by 山田麻衣子
女性専用パーソナルトレーニング!銀座BMSで2ヶ月間ダイエットに挑戦!【BEFORE編】
女性専用パーソナルトレーニング!銀座BMSで2ヶ月間ダイエットに挑戦!【BEFORE編】
by 飯塚 美香
さっぱりミントが救世主!もうミントが手放せない夏!
さっぱりミントが救世主!もうミントが手放せない夏!
by 仲里あやね
【11/18(土)@日本橋】お仕事紹介サポート付き!WEBライター養成講座参加者募集!
【10/20(土)@日本橋】お仕事紹介サポート付き!第5回WEBライター養成講座参加者募集!
by キレイナビ編集部
100円でこんなにかわいい!夏のアクセサリーをプチプラで楽しむ!
【プレゼント付き!】100円でこんなにかわいい!夏のアクセサリーをプチプラで楽しむ!
by 飯塚 美香
夏を爽やかに潤わせる。奇跡のお茶、ルイボスティー。
夏を爽やかに潤わせる!奇跡のお茶ルイボスティーの美容効果
by 糸魚川理王
手軽に糖質カット!ダイエットにも役に立つ家電&キッチングッズをご紹介
手軽に糖質カット!ダイエットにも役に立つ家電&キッチングッズをご紹介
by 本橋あやは
d6e028df-6754-4385-ac4a-c25766790589
AYAのプチプラMIXコーデ術vol.18 デニムに合わせるワンピでスタイルアップ
by AYA
毎日のご機嫌顔をキープするために!大切にしたい5つの心がけ
毎日のご機嫌顔をキープするために!大切にしたい5つの心がけ
by 仲里あやね
10/14~10/21  
ごはん、パン、パスタ、うどん・・・一番太りにくい炭水化物って?
ごはん、パン、パスタ、うどん・・・一番太りにくい炭水化物って?
by 飯塚 美香
【11/18(土)@日本橋】お仕事紹介サポート付き!WEBライター養成講座参加者募集!
【10/20(土)@日本橋】お仕事紹介サポート付き!第5回WEBライター養成講座参加者募集!
by キレイナビ編集部
パンvsご飯!パンが太りやすい理由と太りにくい食べ方
パンvsご飯!パンが太りやすい理由と太りにくい食べ方
by 飯塚 美香
付ける派9割!みんなどんなスマホケース使ってるの?アンケート結果発表!
付ける派9割!みんなどんなスマホケース使ってるの?アンケート結果発表!
by キレイナビ編集部
洗顔時に熱いお湯やブラシを使う 肌の乾燥を招く1番の原因と言えるのが洗顔です。スキンケアにおいて、汚れや不要な角質を取り除くのは大切なこと。しかし、肌にある皮脂には、潤いのもとになり、刺激や乾燥から肌を守る役割があります。取り除き過ぎると、肌は乾燥して外部からの刺激を受けやすくなってしまいます。寒くなってきたからといって、洗顔時に熱いお湯を使うのはNG!また、洗顔ブラシや洗顔タオルなどを使った洗顔は、肌を傷つけ、乾燥させる恐れがあるのでおすすめできません。特に肌が敏感な方は注意しましょう。洗顔料の泡を肌の上で滑らせるようにし、指が直接肌に当たらないくらいの優しさで洗うようにしましょう。 化粧水をコットンでパッティングする 化粧水はコットンよりも手でなじませるのがおすすめ。なぜなら、コットンによる摩擦は肌の刺激になり、乾燥を招く恐れがあるから。コットンに化粧水を取ると、充分な量が肌に浸透しないことも多いです。特に高価な化粧水をちょっとだけコットンに付けてパッティングするのは、効果が半減してしまうのでやめましょう。コットンを使いたい場合は、パッティングするのではなく、化粧水を滴り落ちるくらいたっぷりとコットンに浸透させ、肌に乗せるようにするとよいでしょう。あらかじめ精製水をコットンに浸透させてから、化粧水を浸透させるのもおすすめです。 顔中全て同じケアをしている 顔には皮脂分泌が多い部分と、少ない部分があります。鼻周りや額は比較的皮脂分泌が多いTゾーン。逆に目の周り、口の周りは皮脂分泌がほとんどなく、乾燥しがちなOゾーンです。頬から顎にかけてのUゾーンは人によって乾燥しがちだったり、べたつく場合もあると思います。顔の部分によって肌の状態は様々。それなのに顔中全て同じケアでいいわけないですよね。特に乾燥しがちなOゾーンはクリームを重ねたり、アイクリームで保湿を重点的に行うようにしましょう。 シートマスクを長時間付けている 手軽に保湿できるアイテムとして様々なシートマスクが発売されています。朝晩使っている方もいらっしゃると思いますが、シートマスクは使い方を間違えると逆に肌を乾燥させてしまうことに。長時間付けていればそれだけ肌が潤うというわけではありません。シートマスクが乾くほど長時間付けていたら、それは肌の水分が逆にシートマスクに取られてしまう危険が。シートマスクに書かれている時間よりも、少なめの時間でOKです。また、シートマスクを付けた上からラップを重ねたり、お風呂の中でシートマスクを付けるとより肌がしっとり潤います。 最後に よかれと思って行っているスキンケアが、逆に肌を乾燥させることになるなんて…。絶対に避けたいですよね!正しいスキンケアで、乾燥に負けないしっとり美肌を手に入れましょう!
それが肌を乾燥させている!やってはいけないNGスキンケア
by 飯塚 美香
『じゃがりこ』で本当に美味しいポテトサラダが作れるのか!?
『じゃがりこ』で本当に美味しいポテトサラダが作れるのか!?
by キレイナビ編集部
巻き肩解消に!背中合掌ポーズで脂肪が燃える体へ
巻き肩解消に!背中合掌ポーズで脂肪が燃える体へ
by 飯塚 美香
お菓子なコスメ?!リアルな香りや見た目が楽しめる「スイーツコスメ」あれこれ
お菓子なコスメ?!リアルな香りや見た目が楽しめる「スイーツコスメ」
by 本橋あやは
小麦を食べるとなぜ太る?グルテンフリーダイエットのやり方と効果
小麦を食べるとなぜ太る?グルテンフリーダイエットのやり方と効果
by 飯塚 美香
1日たった2分でOK!簡単『片足立ちダイエット』で引き締める!
1日たった2分でOK!簡単『片足立ちダイエット』で引き締める!
by 飯塚 美香
Copyright (C) 2018 Kirei-Navi Site All Rights Reserved.