キレイナビ-ダイエット、スキンケア、メイクなど美容情報満載のWEBマガジン
キレイナビ  >  健康

看護師が教える!これからの時期に流行する病気とその予防について

2016/10/26UP! by  タグ: , , , ,

みなさまこんにちは。最近は気温がグッと下がり、暑かった夏が終わって、もう秋本番となってきました。気温が下がる季節の変わり目には、風邪を引きやすくなったり、体調を崩しやすくなったりします。今回はこれからの時期に流行する病気と、その予防方法について少しだけご紹介したいと思います。

 

看護師が教える!これからの時期に流行する病気とその予防について

 

 

◆寒い時期に多い病気・症状

 

風邪

看護師が教える!これからの時期に流行する病気とその予防について

 

これからの時期にかかりやすい病気は、一言で言えば「風邪」ではないでしょうか?風邪を引くと、喉が痛くなったり、鼻水が多くなったり、咳が出る、熱が出るといった症状が出てきます。ウイルスや細菌に感染することで引き起こされる風邪ですが、症状によって、病院では「咽頭炎」や「鼻炎」、「気管支炎」などと診断されます。

 

風邪は引き始めが肝心という言葉を聞いたことがあると思いますが、「あれ?なんだか変だなぁ」と思ったら、なるべく早いうちに病院受診することで、ひどくなることを防ぐことができます。

 

インフルエンザ

発熱、咳、鼻水の他に全身倦怠感や関節痛も症状として現れるインフルエンザ。これも寒い時期に流行する病気です。発熱は3~4日ほど続きます。予防接種を受ける方もいらっしゃいますが、予防接種を受けてもインフルエンザになることもあります。

 

ただ、予防接種をしておくと、インフルエンザにかかっても症状が軽く済むことがあります。冬に流行するインフルエンザのウイルスは、湿度が高い場所を嫌います。そのためお部屋の中の湿度は40%~60%。加湿器や洗濯物を干すなどをして、適度な湿度を保ちましょう。外から帰ったら手洗い・うがいも忘れずに。

 

胃腸炎、ノロウイルス

下痢や嘔吐、腹痛、発熱がメインの症状として現れる胃腸炎。ただの胃腸炎より怖いのが、ノロウイルスです。生カキからの感染が多いと言われております。ノロウイルスにかかったら、嘔吐物や便の中にもウイルスは排泄されますので、消毒が肝心となります。

 

ご家庭にあるハイターなどの塩素系漂白剤はノロウイルスに有効です。嘔吐物や便がついた場所はきちんと消毒しましょう。ノロウイルスは乾燥すると空気中に舞いやすいので、乾燥してしまう前に処理するのが望ましいです。心配であれば、嘔吐物や便がついたものはゴミ袋に2重に包んで、捨ててしまいましょう。

 

◆感染症を予防するためには?

感染症を予防するためには、日常生活でどうしていくといいか、いくつかご紹介します。

 

手洗い・うがい、マスクの着用

看護師が教える!これからの時期に流行する病気とその予防について

 

 

手洗いやうがいは基本ですね。外から帰ったら、手にはウイルスが付着しているし、喉の粘膜にもついている可能性があります。免疫力が高いと、病原体に対する抵抗力がついているため、風邪などを引きにくくなるかもしれませんが、免疫力が低下していると、感染症にかかりやすくなります。まずは手洗いやうがいをしっかりしたり、マスクをつけたりしましょう。

 

バランスの良い食事、十分な睡眠

 看護師が教える!これからの時期に流行する病気とその予防について

 

 

食事を摂ること、睡眠を取ることは、免疫力をアップすることにつながります。免疫力が高いと、病原体に対する抵抗力がつきますので、まずはしっかり栄養を摂って、ゆっくり寝ることが大切です。また、適度な運動も免疫力を高めるためには必要なことです!

 

室内環境を整える

看護師が教える!これからの時期に流行する病気とその予防について

 

 

適度な室温、適度な湿度を保つことも、病原体を寄せ付けないためにも必要なことです。これから寒くなる冬でしたら、室温は20~22℃、湿度は45~60%を保つようにしましょう。

 

◆大人に心配な、寒い時期の病気

最後にほんの少しだけですが、寒い時期に心配な病気をご紹介します。

寒くなると、起床時の血圧の変動が起こりやすくなります。また排便時にトイレで力んだりすることでも血圧が上昇します。この時に怖いのが血管系の病気

 

頭の中で血管が切れてしまうと脳出血を引き起こしたり、また血液がドロドロしていると血管内で血の塊が出来てしまい、それが急激な血圧の上昇によって剥がれ、頭や心臓の血管に詰まってしまうという状態が起こりうる可能性があります。

 

頭の血管が詰まると脳梗塞、心臓の血管がつまると心筋梗塞になりますので、血圧の変動が大きい寒い時期は気をつけましょう。これらは若い方には起こりづらく、年齢が高くなるにつれておこりやすくなります。脳梗塞や心筋梗塞は、根本的には生活習慣が関わりますので、普段から規則正しい生活を心がけましょう!

 

◆まとめ

いかがでしたか?これからの時期に多くなる病気と無縁になるために、バランスの良い食事、適度な運動、十分な睡眠を心がけ、外から帰ったら手洗いやうがいをきちんとしましょう!規則正しい生活を送ることも病気予防には大切です。ぜひ、参考にしてみてください!

 

澤田 瑞稀

澤田 瑞稀
・看護師
・日本ダイエット健康協会認定インストラクター

小学生の頃より美容に目覚める。17歳の時に「間違ったダイエット」に取り組み、それから5回のリバウンドと摂食障害を経験。試行錯誤の結果、辿り着いたのは「しっかり食べて痩せる方法」。それを世の中のダイエッターに伝えたいという思いから、2014年にダイエットインストラクターの資格を取得。ダイエットインストラクターとして活躍すべく、日々奮闘中!
みーちゃんの健康美生活

体を温めるだけじゃない!生姜の効果と食べ方とは?
一番身近な薬膳!温めるだけじゃない!生姜の効果と食べ方
by キレイナビ編集部   2018.10.15
約9割が「運動不足」を実感!運動・スポーツアンケート結果発表!
約9割が「運動不足」を実感!運動・スポーツアンケート結果発表!
by キレイナビ編集部   2018.10.03
サプリメントアンケート結果発表!今や約4割が毎日摂取!人気のサプリもご紹介
サプリメントアンケート結果発表!今や約4割が毎日摂取!人気のサプリもご紹介
by キレイナビ編集部   2018.09.15
熱中症対策にも必須!夏に不足しやすいミネラル補給で美肌もキープ!
あなたのミネラル、足りていますか?ミネラル補給で美肌もキープ!
by キレイナビ編集部   2018.09.13
【ルバーブ】美肌!健康!アンチエイジング!に効果的な野菜
「ルバーブ」は美肌!健康!アンチエイジング!に効果的な野菜
by 由香利   2018.09.06
ミネラルビューティーケアが未来のキレイを保つ秘訣だった!?
ミネラルビューティーケアが未来のキレイを保つ秘訣だった!?
by 仲里あやね   2018.09.02
残暑を乗り切るコツ
不調の原因は自律神経の乱れ!?残暑を乗り切る3つのコツ
by キレイナビ編集部   2018.08.24
c22f8778-e34b-4dc5-a7c6-4fc57c172c11
捨てるところなし!アボカドの種茶で栄養全部どり!
by 飯塚 美香   2018.08.19
さっぱりミントが救世主!もうミントが手放せない夏!
さっぱりミントが救世主!もうミントが手放せない夏!
by 仲里あやね   2018.08.16
果物は太るから食べない?健康美人を目指せるおすすめフルーツ
果物は太るから食べない?健康美人を目指せるおすすめフルーツ
by とまとなな   2018.08.13
ママは再確認を!子供の日焼け・熱中症対策も万全に!
ママは再確認を!子供の日焼け・熱中症対策も万全に!
by 中所ひろか   2018.08.04
夏でも冷えが起こるって本当?「酵素」を上手に取り入れて夏冷えを乗り切ろう
夏でも冷えが起こるって本当?「酵素」を上手に取り入れて夏冷えを乗り切ろう
by キレイナビ編集部   2018.07.30
夏バテ対策にも!‟海の野菜“とも呼ばれる日本のスーパーフード「昆布」
夏バテ対策にも!‟海の野菜“とも呼ばれる日本のスーパーフード「昆布」
by キレイナビ編集部   2018.07.28
okyu_1
夏バテ・冷房病・肩こり・ストレス解消に!セルフお灸で楽になろう!
by 葉山 ともみ   2018.07.25
1e625fac08cce315048f8be99b42d144_s
夏バテ予防にもおすすめ!赤シソジュースを作ってみよう!
by 高橋康代   2018.07.17
suikabiyou004
夏に注目するべきはスイカジュース!ビヨンセも愛飲するスイカの美容効果
by 仲里あやね   2018.07.10
rooibos-teawoitadaitekaradanonakakarakireinikennkouni1
ルイボスティーの美味しいレシピ!身体の中から綺麗に健康に!
by 糸魚川理王   2018.07.06
夏を爽やかに潤わせる。奇跡のお茶、ルイボスティー。
夏を爽やかに潤わせる!奇跡のお茶ルイボスティーの美容効果
by 糸魚川理王   2018.06.30
7-6
夏野菜とレモン酢でさっぱり!この夏常備したいモーリョ・ヴィナグレッジ
by 高橋康代   2018.06.26
プチ更年期を防止!ホルモンバランスの上手な整え方とは?
プチ更年期を防止!ホルモンバランスの上手な整え方とは?
by キレイナビ編集部   2018.06.02
あなたのポッコリお腹を改善!反り腰解消ストレッチ!
あなたのポッコリお腹を改善!反り腰解消ストレッチ!
by 澤田 瑞稀   2016.06.11
ミント味のガムには意外な欠点が!消化不良や口臭の原因に!
ミント味のガムには意外な欠点が!消化不良や口臭の原因に!
by 山口 裕加里   2016.04.28
体を温めるだけじゃない!生姜の効果と食べ方とは?
一番身近な薬膳!温めるだけじゃない!生姜の効果と食べ方
by キレイナビ編集部   2018.10.15
野菜ギライでも毎日飲める!?コンビニのグリーンスムージー
野菜ギライでも毎日飲める!?コンビニのグリーンスムージー
by 宮崎愛子   2016.08.23
おいしい玄米おむすび
【キレイナビ人気ランキング】「おいしい玄米おむすび」ベスト5!
by キレイナビ編集部   2017.12.28
貧血を改善すると美肌になる!?鉄分で健康も美肌も手に入れよう!
貧血を改善すると美肌になる!?鉄分で健康も美肌も手に入れよう!
by 夏美   2017.06.13
a33c5304909d0b5ea2c3db1b20874476_s
これが500円!?知らなきゃ損するワンコイン美容5選
by キレイナビ編集部   2017.01.20
100円おすすめ
たっぷり1ヶ月分も!100円でお試しOKのコスメ&サプリ!
by キレイナビ編集部   2017.07.11
ダイソーの100円ブレスレットでこの夏はかわいく虫除け!
ダイソーの100円ブレスレットでこの夏はかわいく虫除け!
by 飯塚 美香   2017.08.06
夏バテ対策に!炭酸水を飲んで夏を健康的に乗り切ろう!
夏バテ対策に!炭酸水を飲んで夏を健康的に乗り切ろう!
by 山口 裕加里   2016.05.28
手持ちのコスメを秋っぽく変化させるプチプラニュアンスチェンジアイテム
手持ちのコスメを秋っぽく変化させるプチプラニュアンスチェンジアイテム
by 本橋あやは
o1007065214274269602
理想は若作りではなく若見えメイク!NGポイントと4つのコツ
by 山田麻衣子
女性専用パーソナルトレーニング!銀座BMSで2ヶ月間ダイエットに挑戦!【BEFORE編】
女性専用パーソナルトレーニング!銀座BMSで2ヶ月間ダイエットに挑戦!【BEFORE編】
by 飯塚 美香
さっぱりミントが救世主!もうミントが手放せない夏!
さっぱりミントが救世主!もうミントが手放せない夏!
by 仲里あやね
【11/18(土)@日本橋】お仕事紹介サポート付き!WEBライター養成講座参加者募集!
【10/20(土)@日本橋】お仕事紹介サポート付き!第5回WEBライター養成講座参加者募集!
by キレイナビ編集部
100円でこんなにかわいい!夏のアクセサリーをプチプラで楽しむ!
【プレゼント付き!】100円でこんなにかわいい!夏のアクセサリーをプチプラで楽しむ!
by 飯塚 美香
夏を爽やかに潤わせる。奇跡のお茶、ルイボスティー。
夏を爽やかに潤わせる!奇跡のお茶ルイボスティーの美容効果
by 糸魚川理王
手軽に糖質カット!ダイエットにも役に立つ家電&キッチングッズをご紹介
手軽に糖質カット!ダイエットにも役に立つ家電&キッチングッズをご紹介
by 本橋あやは
d6e028df-6754-4385-ac4a-c25766790589
AYAのプチプラMIXコーデ術vol.18 デニムに合わせるワンピでスタイルアップ
by AYA
毎日のご機嫌顔をキープするために!大切にしたい5つの心がけ
毎日のご機嫌顔をキープするために!大切にしたい5つの心がけ
by 仲里あやね
10/12~10/19  
ごはん、パン、パスタ、うどん・・・一番太りにくい炭水化物って?
ごはん、パン、パスタ、うどん・・・一番太りにくい炭水化物って?
by 飯塚 美香
【11/18(土)@日本橋】お仕事紹介サポート付き!WEBライター養成講座参加者募集!
【10/20(土)@日本橋】お仕事紹介サポート付き!第5回WEBライター養成講座参加者募集!
by キレイナビ編集部
パンvsご飯!パンが太りやすい理由と太りにくい食べ方
パンvsご飯!パンが太りやすい理由と太りにくい食べ方
by 飯塚 美香
付ける派9割!みんなどんなスマホケース使ってるの?アンケート結果発表!
付ける派9割!みんなどんなスマホケース使ってるの?アンケート結果発表!
by キレイナビ編集部
洗顔時に熱いお湯やブラシを使う 肌の乾燥を招く1番の原因と言えるのが洗顔です。スキンケアにおいて、汚れや不要な角質を取り除くのは大切なこと。しかし、肌にある皮脂には、潤いのもとになり、刺激や乾燥から肌を守る役割があります。取り除き過ぎると、肌は乾燥して外部からの刺激を受けやすくなってしまいます。寒くなってきたからといって、洗顔時に熱いお湯を使うのはNG!また、洗顔ブラシや洗顔タオルなどを使った洗顔は、肌を傷つけ、乾燥させる恐れがあるのでおすすめできません。特に肌が敏感な方は注意しましょう。洗顔料の泡を肌の上で滑らせるようにし、指が直接肌に当たらないくらいの優しさで洗うようにしましょう。 化粧水をコットンでパッティングする 化粧水はコットンよりも手でなじませるのがおすすめ。なぜなら、コットンによる摩擦は肌の刺激になり、乾燥を招く恐れがあるから。コットンに化粧水を取ると、充分な量が肌に浸透しないことも多いです。特に高価な化粧水をちょっとだけコットンに付けてパッティングするのは、効果が半減してしまうのでやめましょう。コットンを使いたい場合は、パッティングするのではなく、化粧水を滴り落ちるくらいたっぷりとコットンに浸透させ、肌に乗せるようにするとよいでしょう。あらかじめ精製水をコットンに浸透させてから、化粧水を浸透させるのもおすすめです。 顔中全て同じケアをしている 顔には皮脂分泌が多い部分と、少ない部分があります。鼻周りや額は比較的皮脂分泌が多いTゾーン。逆に目の周り、口の周りは皮脂分泌がほとんどなく、乾燥しがちなOゾーンです。頬から顎にかけてのUゾーンは人によって乾燥しがちだったり、べたつく場合もあると思います。顔の部分によって肌の状態は様々。それなのに顔中全て同じケアでいいわけないですよね。特に乾燥しがちなOゾーンはクリームを重ねたり、アイクリームで保湿を重点的に行うようにしましょう。 シートマスクを長時間付けている 手軽に保湿できるアイテムとして様々なシートマスクが発売されています。朝晩使っている方もいらっしゃると思いますが、シートマスクは使い方を間違えると逆に肌を乾燥させてしまうことに。長時間付けていればそれだけ肌が潤うというわけではありません。シートマスクが乾くほど長時間付けていたら、それは肌の水分が逆にシートマスクに取られてしまう危険が。シートマスクに書かれている時間よりも、少なめの時間でOKです。また、シートマスクを付けた上からラップを重ねたり、お風呂の中でシートマスクを付けるとより肌がしっとり潤います。 最後に よかれと思って行っているスキンケアが、逆に肌を乾燥させることになるなんて…。絶対に避けたいですよね!正しいスキンケアで、乾燥に負けないしっとり美肌を手に入れましょう!
それが肌を乾燥させている!やってはいけないNGスキンケア
by 飯塚 美香
『じゃがりこ』で本当に美味しいポテトサラダが作れるのか!?
『じゃがりこ』で本当に美味しいポテトサラダが作れるのか!?
by キレイナビ編集部
空腹がキレイと健康を作る!「お腹がすいた!」を楽しもう!
空腹がキレイと健康を作る!「お腹がすいた!」を楽しもう!
by 飯塚 美香
お菓子なコスメ?!リアルな香りや見た目が楽しめる「スイーツコスメ」あれこれ
お菓子なコスメ?!リアルな香りや見た目が楽しめる「スイーツコスメ」
by 本橋あやは
巻き肩解消に!背中合掌ポーズで脂肪が燃える体へ
巻き肩解消に!背中合掌ポーズで脂肪が燃える体へ
by 飯塚 美香
小麦を食べるとなぜ太る?グルテンフリーダイエットのやり方と効果
小麦を食べるとなぜ太る?グルテンフリーダイエットのやり方と効果
by 飯塚 美香
Copyright (C) 2018 Kirei-Navi Site All Rights Reserved.